2012年12月26日水曜日

KEIKO&JOクリスマスライブにて

12月25日(火)、熊本市の居酒屋さくらにて開催された「KEIKO&JOクリスマスライブ」にてPFKバッジを販売させていただきました。 主催のつばなれの会さま、会場協力の居酒屋さくらさま、お世話になりました。

皆様のご協力により、9個(4,500円)の支援金をお預かりしましたことをご報告いたします。ありがとうございました。
お客さまから東日本大震災復興の応援ソング「花は咲く」のリクエストがありKEIKO(志娥慶香/ピアノ)&JO(三浦穣/アルトサックス)で演奏。会場が被災地のことを想う時間となりました。必ずあたたかい春はやってくると信じて。


staff 志娥慶香

2012年12月16日日曜日

12月25日(火)KEIKO&JO クリスマスライブでPFKバッジ販売します。

Pray from KUMAMOTO(プレイフロムクマモト)、チャリティバッジ販売イベントのご紹介です。


PFK実行委員でもある 作曲家でピアニスト 志娥慶香(しがけいこ)とアルトサックス奏者三浦穣さんのクリスマスライブ「KEIKO&JOクリスマスライブ at 居酒屋さくら」にてPFKバッジ販売をいたします。
心も体もあたたかくなるようなご家族でも楽しめるリラックスした雰囲気でのお座敷ライブです。みなさまお誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。


『KEIKO&JO クリスマスライブ at 居酒屋さくら』

 ■開催日 平成24年12月25日(火)

 ■開催場所  居酒屋さくら(熊本県熊本市中央区大江5-10-21)
  熊本市電の味噌天神電停前の赤い看板が目印!
  駐車場すぐは近くのコインパーキングをご利用下さい。

 ■時間  開場 18:00 開演 19:00 

■入場料 2,000円
 ※ご飲食代は別料金となります

■出演者 志娥慶香(ピアノ)三浦穣(アルトサックス)

【出演者プロフィール】 アルトサックス・三浦穣
18歳の夏休み、ひょんなことから聴いたスタン・ゲッツの「イパネマの娘」のソロに衝撃を受けサックスを初める。19歳で米国のバークリー音楽院に入学し、ジャズ作曲を専攻する傍らサックスの研鑽に心血を注ぐ。20歳でカーネギーホールで演奏するなど、ニューヨークやボストンで様々なミュージシャンと共演を重ねる。現在は東京を拠点に自身のトリオの他、ヒップホップユニットDitty Bopper、ジャズサックス四重奏団ziNcs、杉本ゆみ童謡ジャズグループほかあらゆるジャンルのグループで活躍している。好きな飲み物は純米酒。 http://www.myspace.com/joemiura


≪チケット取扱い≫
 居酒屋さくら 096-366-0149 
 つばなれの会 096-273-4362
 おーがにっくすまいる音楽工房(テイル館)096-200-1421

■お問い合わせとご予約 
つばなれの会 上田さま 096-273-4362

詳細は志娥慶香の公式ホームページhttp://www.keikoshiga.com/Welcome.htmlをご覧ください。

2012年11月30日金曜日

12月2日(日)第94回熊響定期演奏会でPFKバッジ販売します。

Pray from KUMAMOTO(プレイフロムクマモト)、チャリティバッジ販売ご協力者さまのご紹介です。


熊本の歴史あるアマチュアオーケストラ熊本交響楽団さまの『第94回熊響定期演奏会』ロビーにてPFKバッジ販売をさせていただきます。どうぞよろしくおねがいいたします。
熊本交響楽団さま、いつもご協力ありがとうございます。演奏会の成功をお祈りしています!


『第94回熊響定期演奏会』

■内容
 [指揮] 道端 大樹  
[ヴァイオリン] 江島 有希子

■曲目
序曲「静かな海と楽しい航海」作品27(F.メンデルスゾーン)
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64(F.メンデルスゾーン) 
交響曲第3番 イ短調 「スコットランド」作品56(F.メンデルスゾーン)

 ■開催日 平成24年12月2日(日)

 ■開催場所  熊本県立劇場コンサートホール

 ■時間 開場 13:15 開演 14:00 終演 16:00

■入場料 指定 1,800円 自由席一般 1,500円 自由席学生 1,000円
 ※4歳未満入場不可
 ※託児あり(事前予約要:500円)
 ※4歳以上チケット必要(学生券) 

≪チケット取扱い≫
 熊本県立劇場・交通センター 熊日プレイガイド・大谷楽器 ・西野楽器

■お問い合わせ 熊本交響楽団 090-7534-0335 (齊藤さま)

熊本交響楽団の公式ホームページ http://www.kumakyo.org/ をご覧ください。



Staff  志娥慶香

2013年11月22日 総額のご報告


バッジ販売による収益と、寄付金としてお預かりしました総額をご報告させていただきます。

11月22日(木)現在、2,770,303円となりました。これまでのバッジ販売総数は5,218個です。みなさまのご協力ありがとうございます。 

集まりました支援金は、有効に運用いただける支援先に寄付を行う予定です。寄付先についてはその都度、PFK公式HPや公式ブログでご報告させていただきます。




PFK実行委員一同

2012年11月5日月曜日

熊本マンドリン協会さま、ご協力ありがとうございました。

Pray from KUMAMOTO(プレイフロムクマモト)、チャリティバッジ販売ご協力者さまのご紹介です。

先月10月27日(土)くまもと森都心プラザホール にて「マンドリンで恋のうた〜熊本マンドリン協会第44回定期演奏会」が開催されました。
昨年の定期演奏会もご協力くださいましていろいろと支援を募るためにご尽力くださいましたが、今年もさらに「あの日を忘れない」という想いを強く胸にご協力くださいました。

会長の市原道啓さま、作編曲家・指揮者の甲田弘志さま、そしてマンドリン協会のみなさま、ご協力いただいた会場のお客様のおかげで準備させていただいたPFKバッジ100個が完売いたしました。
みなさまからの支援金はいったんPFKがお預かりし、被災者支援活動をされている団体さまにのちほど寄付させて頂きます。どうもありがとうございました。



会長の市原道啓さま(右)、作編曲家・指揮者の甲田弘志さま(左)




今回も昨年のように、パンフレットにPFKの趣旨を記載していただいたり昨年の支援活動についての資料をつくてくださったり、会場アナウンスをしていただいたり、特別CDをPFKバッジをお買い上げの方にプレゼントされたり、熊本マンドリン協会さまのたくさんのアイディアのもと支援活動をしてくださいました。
こうやって、ロビーでPFK支援バッジを販売するだけでなくご協力者さまの想いと行動が重なり合うと、とても力強い相乗効果があるんだなぁ、音楽と同じだなぁとお話を伺いながら感じました。
また、演奏プログラムにはない第1部のアンコールで被災地のみなさまへ想いを馳せたすてきな音楽を奏でられたと伺いました。甲田さんのお話を伺いながら、感激してしまい涙ぐんでしまったほどです。




演奏会終了後の熊本マンドリン協会のみなさまです。胸にはPFKバッジをつけてくださっています。
定期演奏会、おつかれさまでした。ありがとうございました!

staff 志娥慶香

2012年9月23日日曜日

「熊本マンドリン協会第44回定期演奏会」にてバッジ販売

Pray from KUMAMOTO(プレイフロムクマモト)、チャリティバッジ販売ご協力者さまのご紹介です。

秋風が心地よい頃となりましたね。芸術の秋も到来です。
10月27日(土)くまもと森都心プラザホール にて「マンドリンで恋のうた〜熊本マンドリン協会第44回定期演奏会」が開催されます。会場ロビーにてPFKバッジ販売をしていただけることになりました。ご協力に感謝いたします。どうぞみなさま、足をお運びください。マンドリンの楽器の音色、美しさに酔いしれて、そして楽しい時間をお過ごし下さい。



「マンドリンで恋のうた」(熊本マンドリン協会第44回定期演奏会)    

ゲスト:フルート独奏(甲田文男)、ピアノ伴奏(西 直子)    

と き:10月27日(土)18:30開場、19:00開演   
 
ところ:くまもと森都心プラザホール    

入場料:一人用=前売 600円、当日 650円        
    二人用=前売1,000円、 当日1,200円   
 
主催:熊本マンドリン協会

協力:Pray from KUMAMOTO(東日本大震災復興支援)、NPO法人「イルカの会」(障害者就労支援)

後援:熊本県文化協会 熊本市教育委員会 熊日 NHK熊本放送局 RKK TKU KKT FMK、KAB FM791 日本マンドリン連盟九州支部 熊本マンドリン協会会友会

取扱店:西野楽器店、プレイガイド(交通センター、びぷれす) 
 
連絡先:096-329-2015(会長・市原)

 HP  http://www5.ocn.ne.jp/~kouda/coda.index/2011classic.html



2012年9月12日水曜日

9月12日(水)総額の報告とご寄付の報告


バッジ販売による収益と、寄付金としてお預かりしました総額をご報告させていただきます。

9月12日(水)現在、2,630,704円となりました。これまでのバッジ販売総数は4,939個です。みなさまのご協力ありがとうございます。



そして本日、ごしごし福島基金さまに手数料を含む20万円を寄付させて頂きました。


ごしごし福島基金ホームページ http://www.goshigoshi-fukushima.jp/



(以下、ごしごし福島基金HPより引用)

【ごしごし福島基金の想い】   
放射能、放射線、と聞くと、難しそう、目に見えないからどうしようもないもの、そう感じる人も多いと思います。除染といっても、いろんな方法論があって、それぞれに賛否両論あって、良かれと思って行動しても、逆効果だったり、もしかしたら大きな批判を受けるかもしれない。そんな風に思う人も多いかもしれません。  
福島の問題は、誰かが取り組まなくちゃいけない問題と知りつつも、尻ごみしてしまう、僕たちもそうでした。  
でも、福島で除染活動を続けているEARTHという会社の人たちと出会って、話を聞くと、考え方も活動も、とてもシンプルでした。  
「放射線量が高い地域に、現在も住み、これからも住んでいる人たちがいて、その人たちのために、少しだけでもいいから、放射線量を下げたい」というシンプルな想いで、「放射線量の高い原因は、放射線物質と呼ばれる塵のようなものが散らばっていて、それをどうかき集めるか」というシンプルな工夫を続けていました。  
今、政府や自治体による除染がはじまっています。でも、今すぐは、その手が届かないところもあります。待てば、いつかは除染されるのかもしれない。それを待つのではなく、今もそこに住んでいる人たちがいる以上、すこしでもいいから動いていこう、というのが、この「ごしごし福島基金」です。  
具体的には、基金としてみなさんから預かったお金を活動資金として、EARTHの専門スタッフと共同による「GOSHI GOSHI FUKUSHIMA」チームが、除染活動を進めていきます。(※現在は、除染ボランティアの募集は予定していません。)
活動の様子は、GOSHI GOSHI FUKUSHIMAブログで随時伝えていきます。  
僕らが希望を持てたのは、放射線は目には見えないけれど、放射線物質は確かにかたちのあるもの、というところです。かたちのあるものだから、必ずかきあつめることができるはずです。「ごしごし」という手ごたえのある基金名には、そんな想いを込めました。  「ごしごし福島基金」の活動は、過去に例のない活動です。間違えること、うまくいかないことも、いっぱいあるかもしれない。でも、動き出さないと、間違っていることにすら気づけないと思うのです。  
生まれたばかりの「ごしごし福島基金」を、長い目で見守っていただけたら、と思います。 


 ごしごし福島基金 代表 並河進 


ごしごし福島基金代表の並河進さんより、「次回の除染活動は、 郡山市内の幼稚園の通園路と駐車場を予定しています。 通園路と駐車場は、 市の除染対象外であり、かつ、放射線量が高い状態です。」と直接お知らせをいただいております。今後のプロジェクトについても随時ブログなどで更新されていくとのことです。


集まりました支援金は、有効に運用いただける支援先に寄付を行う予定です。寄付先についてはその都度、PFK公式HPや公式ブログでご報告させていただきます。


 PFKスタッフ一同

2012年8月28日火曜日

8月28日(火)総額の報告と寄付先のご報告


バッジ販売による収益と、寄付金としてお預かりしました総額をご報告させていただきます。 

8月28日(火)現在、2,583,204円となりました。これまでのバッジ販売総数は4,844個です。みなさまのご協力ありがとうございます。

そして本日、熊本被災者支援プロジェクトさまに手数料を含む20万円を寄付させて頂きました。熊本被災者支援プロジェクトさまは、被災者の方々に寄り添い、被災者に対する喫緊の支援と自立型支援を組合せて息の長い支援活動を行うことを目的とした、熊本に避難、または移住・定住された被災者の方々のために活動されている団体です。


熊本被災者支援プロジェクトホームページ http://sien.act-kumamoto.org/



集まりました義援金は、有効に運用いただける支援先に寄付を行う予定です。寄付先についてはその都度、PFK公式HPや公式ブログでご報告させていただきます。




PFKスタッフ一同

2012年8月8日水曜日

8月8日(水)現在、総額のご報告

バッジ販売による収益と、寄付金としてお預かりしました総額をご報告させていただきます。 

8月8日(水)現在、2,580,109円となりました。これまでのバッジ販売総数は4,838個です。みなさまのご協力ありがとうございます。 
集まりました義援金は、有効に運用いただける支援先に寄付を行う予定です。寄付先についてはその都度、PFK公式HPや公式ブログでご報告させていただきます。




PFKスタッフ一同

2012年7月20日金曜日

7月22日、テラス江津湖にて「第1回 ダイヤモンド HEARTS マーケット」開催

江津湖のほとりにあるレストラン&カフェ・デイホーム「テラス江津湖」にて「第1回 ダイヤモンド HEARTS マーケット」が開催されます。 

テラス江津湖の洋風のすてきなお部屋と緑と優しさいいっぱいの庭が開放され、有機野菜の農家さんや花農家さん、手作り小物、雑貨、手作りパン、お好み焼き、たこ焼き、唐揚げ、焼き鳥、クレープ、くまもん人形焼き、足つぼマッサージ、ネイルアートなどのお店がならぶそうです! テラス江津湖は熊本市動植物園の奥にあります。

【開催日時】2012年7月22日(日) 11:00~15:00(雨天決行)
【会場】テラス江津湖 レストラン&カフェ
【住所】熊本市東区広木町6-1
【お問い合わせ】ダイヤモンド HEARTS マーケット事務局
TEL:096-369-5628(テラス江津湖内 担当:高野) 

売上げの一部は「東日本大震災」の義援金として寄付、「江津湖の保全活動」「ボランティア活動」費用として使用されます。


テラス江津湖のお庭と洋館


地図はこちらです!




staff 志娥慶香

2012年7月18日水曜日

ストーリー311

今朝みたニュースで
「ストーリー311」というプロジェクトが取り上げられていました。

ネット配信の漫画に綴られているのは、人気漫画家たちが現地を訪れ、取材した内容を元に描き上げた、震災前後の物語。実際に漫画の主人公となった男性は、忘れていくことへの恐怖があったのだが、こうして描きのこされることで亡くなった人の分まで頑張って生きていこうという気持ちになった…というようなことを話していました。

直接的な支援もですが、残すということも、大切なのだとあらためて感じた朝です。

(以下、説明文を引用)
2011年3月11日以降、被災地で起きた多くの悲しい出来事、厳しい避難生活の中で生まれた家族や地域とのつながり、被災を乗り越えて成長していく町の若者の姿、日本各地から訪れるボランティアと地元住民とのふれあいなど、現地ではさまざまなストーリーが生まれています。それらのストーリーを、漫画家自らが現地で取材し漫画に描き残すことで“語り部”的な役割を果たせないだろうか?そんな気持ちから生まれたプロジェクトです。

ストーリー311はコチラ→

(木下真弓)

2012年6月24日日曜日

Facebookページ開設

Pray from KUMAMOTOのFacebookページを開設しました。 

https://www.facebook.com/pray.from.kumamoto




こちらではPFKの活動に関するお知らせのほか、 被災者および復興支援のさまざまな情報や、 
「今、あらためて考えたい未来の生活」に関することなどを お知らせしていく予定です。 
よろしければ「いいね!」ボタンと、掲載記事のシェアもよろしくお願いします。



Staff一同

2012年6月21日木曜日

6月24日(日)熊本交響楽団「第93回 熊響定演」熊本県立劇場にてバッジ販売

Pray from KUMAMOTO(プレイフロムクマモト)、チャリティバッジ販売ご協力者さまのご紹介です。


きたる6月24日(日)、熊本交響楽団の「第94回 熊響定演」(熊本県立劇場コンサートホールにて)でPFKバッジを販売していただきます。今回は、イラストレーター村井健太郎さんやアーティスト加藤笑平さんによる新デザインのバッジもございますのでぜひご協力をよろしくおねがいいたします。

熊本交響楽団は昭和41年に結成された歴史あるアマチュアオーケストラ。 
第93回を迎える今回は、大阪シンフォニカー交響楽団ミュージック・アドバイザー兼首席指揮者、米国のサンタ・バーバラ室内オーケストラ音楽監督兼指揮者である大山平一郎さんを指揮者に迎えての演奏会。そしてピアノ独奏にはニューヨーク在住のピアニスト、相沢吏江子さんをお迎えしての演奏会となっています。

どうぞみなさま、ぜひ足をお運びください。生の楽器の音色、美しさ、作曲家の想い、そして音楽のエネルギーを全身で感じとってください。オーケストラは芸術です。




【第93回 熊響定演】
日にち:2012年6月24日(日)
場所:熊本県立劇場コンサートホール
時間:午後1時15分開場/午後2時開演
入場料:指定席1800円/
    一般1500円/学生1000円

主催/熊本交響楽団
http://www.kumakyo.ne.nu/
チケットのお求めは県立劇場及び交通センター、熊日プレイガイド、大谷楽器、西野楽器の各プレイガイドへ


PFK staff 志娥慶香

2012年5月27日日曜日

ふたつゆさんからの応援歌「ふるさとのうた」

Pray from KUMAMOTOに賛同してくださるさまざまなジャンルのミュージシャンの音楽、そして被災された方々への応援メッセージをお届けしています。


  ふるさとのうた by Pray from KUMAMOTO

 「ふたつゆ」のボーカルの宮崎友紀子です。
 被災されている方へ。 復興に長い時間がかかるかもしれませんどうか希望を捨てず頑張って下さい。日本にいる皆が応援しています。



  ―ふたつゆプロフィール― 


関西で個々に活動をしていたヴォーカルの宮崎友紀子とピアノの柳原由佳が 留学先のバークリー音楽大学にて共演の機会を持つようになりセッションを繰り返す。 卒業の時期が近づいてきた 2009 年の春、ボストンでの学生生活の締めくくりとして共同ライブ「Sound of Spring」を企画。 「春」と「にほんごのうた」をテーマに行ったライブが好評を得、ふたつゆ結成のきっかけとなる。 その後お互いに日本に帰国。大阪を拠点にそれぞれの活動を再開。 そして、2011 年春、正式にユニット「ふたつゆ」を結成。
 3/23 ファーストアルバム「はるいろ」をリリース。
 約 10 ヶ所の東名阪ツアーを敢行。現在、東京と大阪を中心に活動中。
 Official HP http://www.futatsuyu.com




PFK公式ウェブサイトでは、この他たくさんの世界各国のミュージシャンからの音楽とメッセージを配信中です。


STAFF 志娥慶香

2012年5月22日火曜日

南阿蘇 一心庵/バッジ販売協力店さま


阿蘇郡南阿蘇村の手打ちそば処『南阿蘇 一心庵 本店』さまで、pfkバッジの販売ご協力をいただくことになりました。

中松駅構内にある人気のそば処「一心庵」が、本店として構えたこちらのお店。店長を務めるのは、中松駅店に常連客として通い詰めていたという中津由裕さんです。そば好きが高じ、脱サラ後にオーナーでもある中松駅の店主のもとで修業を重ねたという中津さん。「オーナーはそばも自分で栽培するなどのこだわりを持つ人、その人柄と味に惹かれてこの道に入りました」と話します。

古民家を移築し、建てられた店は趣も抜群。木立の涼を満喫しながら、二八そばと十割そばを一度に味わう「くらべ盛り」や「おろしそば」「地鶏そば」など、温冷さまざまなそばを味わえます。


のど越しと高い栄養価を誇るそばは、暑さで食欲が落ちた時にこそおすすめ。これから暑くなる季節へ向け、阿蘇ドライブにでかけてみてはいかがでしょうか。
なお、熊本市近郊へは生そばとつゆのセットを配達する「さるき売り」も対応しています。


【南阿蘇 一心庵 本店】
阿蘇郡南阿蘇村中松4011
TEL 0967(62)8010
/11時〜15
/火〜木曜(金〜月曜、祝日のみの営業)
二八そばと十割そばを一度に味わう「くらべ盛り」が人気で、熊本市近郊へは生そばの配達も行っています。手打ちそばとつゆのセットのテークアウトや地方発送もできます。

文責/pfkスタッフ 木下真弓

2012年5月16日水曜日

5月27日(日)「あしはら医院〜内覧会&マーケット」(天草市今釜町)にてバッジ販売

今月、5月28日(月)、天草市今釜町に新クリニックを開院される「あしはら医院」さま。開院の前日27日(日)には、一般の方も参加できるクリニックの内覧会とマーケットが開催されます。マーケットでバッジを販売してくださることになりました。葦原院長先生、ありがとうございます。



クリニックの内覧会は27日(日)の10時〜16時まで、マーケットは10時〜14時までクリニック前駐車場にて開催。

マーケットの内容ですが、天草市からはGREEN NOTEさんが苗ものや雑貨類 、大矢野から麻こころ茶屋さんが自家焙煎珈琲やドリンク類を販売 。熊本市からは、はじめギャラリーさんがお菓子、パン、雑貨を、えびす屋餅本舗さんのトマト大福など和菓子を販売されるそうです。 お子様連れの方には木片などを使った工作ができる木遊びコーナー、さらにくまモン(CG)と一緒に写真撮影のコーナーもあるそうです! 粗品も用意しておられるそうですので、ぜひぜひご近所の皆様、お誘いあわせの上で足をお運びくださいませ。







【医療法人葦原会 あしはら医院】
院長/葦原 浩
住所/熊本県天草市今釜町8−13
TEL/0969−23ー4988
HP/ https://www.facebook.com/ashiharaiin



STAFF  志娥慶香

新規販売協力店さまのご紹介/医療法人葦原会 あしはら医院(天草市今釜町)

天草市に、バッジ販売に協力してくださる方が増えました!
今月、5月28日(月)に新クリニックを開院される「あしはら医院」さまです。葦原院長先生、ありがとうございます。

つい最近、新築工事が終わられたそうです。とても素敵な建物ですね。開院に先立ち、内覧会および、地域の皆様が楽しめるマーケットも開催されるそうです!
内覧会&マーケットのご案内はこちらをご覧ください。







【医療法人葦原会 あしはら医院】
院長/葦原 浩
住所/熊本県天草市今釜町8−13
TEL/0969−23ー4988
HP/ https://www.facebook.com/ashiharaiin



STAFF  志娥慶香

2012年5月10日木曜日

新規販売協力店さまのご紹介/IO SELECTION(熊本市中央区)

熊本市中央区に、またバッジ販売に協力してくださる方が増えました!
荒木智子さんが代表を務められる「IO SELECTION」さまです。


といっても、店舗があるわけではなく、
荒木さんに持ち歩いていただき、
行く先々でPFKの活動とバッジを宣伝していただくというもの。





IO SELECTIONさまは、

「五感を満足させる」をテーマに完成度の高いものを提案し、流行ではなく永く使う心を大切に、ベーシックから贅を尽くした存在感のある物まで幅広いセレクションより個々のライフスタイルに合わせプロデュースされています。




新築住宅から、クリニック等のリノベーション、
そのほか、企業のロゴやディスプレイなどのヴィジュアル・コンサルタントまで、
各々のライフスタイルに合わせたトータルプロデュースを手掛けられています。



「(東日本大震災から)1年間は、自分で募金したりしてきたけど、
これからは、自分が動くことで力になれたら…」
と話される荒木さん。





ありがとうございます!


荒木さんプロデュースのステキなお宅や、空間は、
ぜひホームページからご覧ください。



【IO SELECTION】
代表 荒木智子
HP http://ioselection.com/

E-mail info@ioselection.com




STAFF 泉田

2012年5月4日金曜日

5月20日(日)わくわく江津湖フェスタ〜テラス江津湖『ガーデンカクテルパーティー&ライブ』にてバッジ販売

現在、熊本市東区の江津湖周辺では、市民の憩いの場として親しまれている「江津湖」の魅力を再認識し、その大切さを内外にアピールするために5月から1ヶ月間にわたって「わくわく江津湖フェスタ」を開催中です。期間中は、体験や展覧、スポーツやコンサートなど、家族みんながわくわくするイベントが目白押し!

その中で、5月20日(日)に開催されます、隠れ家的デイホーム&イタリアンカフェ「テラス江津湖」さん主催のイベントでPFKバッジ販売をしていただけることになりました。テラス江津湖さん、どうもありがとうございます!



 昼の部13時〜16時は『ガーデンカクテルパーティー』と題し、熊本在住のバーテンダーの有志による江津湖をイメージしたカクテルの試技(軽食つき)。
夜の部17時〜19時は『MUSIC LIVE』と題し、志娥慶香(ピアノ)と全国的にご活躍中のサックス奏者 八巻綾一さんによるライブです。 

通し券は3000円、カクテルパーティーは2000円、ライブのみは1000円となっています。 素晴らしい眺めのお庭で、カクテルと音楽の休日を過ごしてみてはいかがですか?

『わくわく江津湖フェスタ
テラス江津湖〜ガーデンカクテルパーティー&ミュージックライブ』
【場所】テラス江津湖(〒862-0906 熊本県熊本市広木町6番1号)
【主催とお問い合わせ】テラス江津湖(096-369-5620)




Staff 志娥慶香

2012年5月1日火曜日

新作バッジをお届けしています。

こんばんは。PFKスタッフの木下です。

しとしと雨のこんな夜は、
落ち着いた空間でおいしいワインをじっくりたしなむ。
そんな大人な過ごし方もいいものですよね。



実は本日、銀杏通りのビル3階にある「wine bar sommelier築田(つきだ)」さまに、
PFKバッジ新作をお届けしてまいりました。



ご友人やお仲間、カップルはもちろん、
お一人様もゆったりと受けいれてくださる、ステキな空間に、



新作のバッジを仲間入りさせてくださった築田さま
本当にありがとうございます!





ちなみに、新作バッジのラインナップには、
吉本清隆さんデザインのバッジに加え、
村井健太郎さんのイラスト
そして加藤笑平さんのイラストバージョンもございます。


ゴールデンウィークも1〜4日までは営業なさっているようですよ。
是非、お出かけくださいね♪



【wine bar sommelier 築田(ワインバー ソムリエ築田)】
熊本市花畑町13-28 トライビル3F
tel.096-356-4637
営業日   平日 18:00〜1:30
    祝祭日 17:00〜00:00 
定休日 日曜日  

ソムリエ築田さんのご紹介はコチラ →  
ソムリエ築田さん公式ブログはコチラ → 

********************************************************************************


<義援金バッジ販売ご協力店様へ>



PFK設立から1年ちょっとを経た今。
ご協力店さまには、バッジ販売継続に関する意思確認をさせていただいております。

そのなかで、今後も販売ご協力をいただけるとご回答いただきましたお店様には
順次、新作バッジ&POPなどをお届けしております。

詳しくはメールでお送りしておりますので、
お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認の上、ご返信をお願いいたします。

2012年4月30日月曜日

新規販売協力店さまのご紹介/テラス江津湖(デイホーム&イタリアンカフェ・熊本市東区)

東日本大震災支援 チャリティ Pray from KUMAMOTOのバッジ販売協力店さんに、また1つすてきなお店が仲間入りしてくれました!


熊本動植物園入り口から入って、道なりにず〜っと行くと、緑に囲まれた薄橙色の屋根の素敵な建物が見えてきます。そこが、「テラス江津湖」さま、あたらしくバッジ販売にご協力してくださることになりました。





隠れ家的なイタリアンカフェと、デイホームが一体となった、心にも体にも優しい場所です。閑静な江津湖のほとりにあり、建物の2階からは運が良ければ動物園のキリンさんが見えるとか・・・!イタリアンカフェでは、モーニングとランチ、ディナーを専属シェフが熊本のオーガニックな食材をたっぷりと料理してもてなしてくださいますよ。
ディナーは前日までの予約が必要とのことです。







【テラス江津湖(デイホーム&イタリアンカフェ)】
住所/熊本市東区広木町6-1
TEL/096-369-5620
イタリアンカフェは096-369-5628

Staff 志娥慶香

2012年4月16日月曜日

5月13日(日)南阿蘇マルシェ「てんとういち vol.4」@Cotton Club(阿蘇高森町)にてバッジ販売

Pray from KUMAMOTO(プレイフロムクマモト)、チャリティバッジ販売ご協力イベントさまのご紹介です。 



5月13日(日)、手作り石鹸のお店 Ladybugさん主催、阿蘇高森町のゲストハウス「Cotton Club」で開催される「南阿蘇マルシェ てんとういち vol.4」にてpfkバッジ販売をしていただけることになりました。 自然志向の雑貨や食べ物がたくさん出店されます。

今回はなんと、阿蘇在住のショップ、作家さんばかりだそうです。  未来を見据えた、心のこもった魅力的なお店が一堂に。 ご家族、お友達と、春のドライブがてらぜひぜひおでかけください。


チラシです




























「南阿蘇マルシェ てんとういち vol.4」
◉5月13日(日)10時~15時開催(雨天決行)
ゲストハウス「Cotton Club」熊本県阿蘇郡高森町上色見2889)にて。
 地図はこちら→ http://www.cottonclub.jp/access.html
4月1日から、高森温泉館前の道が開通しました。265号線から高森温泉館目指していくと、分かりやすいです。高森温泉館の看板を右手に見て、左折するとすぐ着きます。
◉主催のLadybugさんHP http://www.dandl.co.jp/ladybug/

 ◉今回出店されるみなさま
【食べ物】
ラヴィ(天然酵母パン)
お山のパンDacco(パン、カレー)
モンペシェミニヨン(マクロビスイーツ)
夏椿(マクロビフード)
ティッペル(バウムクーヘン・ドイツ雑貨)
ゆうパン工房(パン)
風流 (お食事処)

【お買いもの】
小泉農園(お野菜)
徳丸漬物(漬物)
阿蘇オーガニックトスカーナ(雑穀)
アトリエSOLA(ステンドグラス)
RIN(アクセサリー、服)
Happy Cloth(布小物)
Ladybug(石鹸)
バナナ(布小物)
その他、雑貨や子供服など 

【気持ちいいこと】
てのは(ハンドマッサージ・カードリーディング)
Robe(カラーセラピー・アロマフレグランス作り)
グリーンスパイス(ヘッドセラピー・本格的チャイ) 

【子供たちが楽しいこと】
アトリエカバジョ(「子どもの森」作り教室・・大きな木をみんなで作ったり工作したり。予約不要)



汲みたての高森の湧水もあるそうですよ!マイカップ持参でよろしくおねがいいたします。冷たくて美味しいでしょうね〜〜。
魅力一杯の熊本、南阿蘇。チラシを眺めているだけでもワクワクしますね。


Staff 志娥慶香

2012年4月11日水曜日

準備中です!

こちら九州熊本は桜も満開となり、すっかり春になりました。今日は入学式だったところも多かったようですね。どしゃ降りの雨もお昼過ぎには止み、まぶしい夕陽が輝いています。

さて、わたしたちPray from KUMAMOTOスタッフは現在、日頃からバッジ販売にご協力いただいている店舗さまのバッジ入れ替えの準備(バッジ制作)をやっております。
スタッフ一同、本業をかかえながら合間に行っている作業ですのでなかなかゆっくりではありますが、今日で約1500個準備できました。




バッジはスタッフがひとつひとつ手作業でつくっています。




パッキングも大体終わり、現在ポップを製作中です!
今しばらくお待ちくださいますよう、よろしくおねがいいたします。




Staff 志娥慶香

2012年4月3日火曜日

寄付金のご報告

Pray from KUMAMOTO発足から1年。
皆様のご協力とご支援により、この一年でバッジ販売総数は4,599個(2,299,500円)となりました。バッジ販売によってお預かりした義援金に加え、寄付金を含め、これまで2,420,422円をお預かりしております。このうち、バッジ製作にかかる経費(バッジ1個につき35円の材料費)として160,965円を差し引き、これまでに随時、被災者支援団体へ寄付をつづけてまいりました。
またこのたび、新たに200,000円(※振り込み手数料含む)を「東日本大震災・熊本支援チーム」へと寄付させていただきましたことを、ここにご報告いたします。

今後も、この活動は引き続きつづけてまいります。何卒よろしくお願いします。

Pray from KUMAMOTO実行委員一同


※なお、過去の寄付金については、コチラのページ→の「寄付金の活用について」をご覧下さい。

2012年3月17日土曜日

「A Song For Japan」熊本から祈りを込めて

先日の3月11日(日)のチャリティイベントでは、さまざまなステージパフォーマンスがおこなわれました。

今回、木管3重奏&ピアノで演奏してくださった 浜辺真寿さん、真藤みさきさん、白濱紘子さん、一関百香さん。クラシックの名曲やポップスなど美しい音色に祈りを込めて演奏してくださいました。

その中でも、世界中のトロンボーン吹きたちが日本へ捧げた曲、「A Song For Japan」をアレンジした演奏は、胸にじんときました。浜辺真寿さん、真藤みさきさん、白濱紘子さん、一関百香さん、ありがとうございました。ひとりでも多くのかたにこの祈りを共有していただきたいので映像をご紹介させていただきます。

Pray from KUMAMOTO 2012.3.11




世界中のトロンボーン吹きたちが日本へ捧げた曲、「A Song For Japanプロジェクト」の詳細はこちら。
”A SONG FOR JAPAN”公式ウェブサイト



Staff 志娥慶香

2012年3月15日木曜日

3月16〜18日「星乃窯 春展2012」にてバッジ販売

Pray from KUMAMOTO(プレイフロムクマモト)、チャリティバッジ販売ご協力者さまのご紹介です。 
3月16日(金)〜3月18日(日)の間、菊池市の星乃窯にて、陶芸家の星乃久美さんの個展『春展』が開催されます。こちらでPFKバッジの販売もされますので、よろしかったらお手にとってごらんください。春の新色、新デザインもいくつかございます。





【とき】 2011.3.16(金)-18(日)   
AM10:00-PM6:00(最終日はPM5:00まで)

【ところ】星乃窯展示ギャラリー     
熊本県菊池市赤星1093

【ゲスト】移動台所 茶豆(飲み物、おやつ、だご汁など)
陶人形作家 ニシダミキ


【内容】 マイ・マグカップを中心にお届けします。ホっと一息タイムに熱々の飲み物をたっぷり飲みたいときの、取っ手のついたマグカップ!スープなども飲める大きさです。そのほか、定番の角皿、豆皿、毎日の食卓に欠かせない器をまた違った意匠でお届けします。

星乃様、ご協力ありがとうございます! staff 志娥慶香

2012年3月14日水曜日

Pray from KUMAMOTO〜祈り、そして未来の生活へ〜 バッジ売り上げ報告

3月11日のPray from KUMAMOTO〜祈り、そして未来の生活へ〜。多くのご協力者さまとご来場者様のおかげで、無事に終了いたしました。本当にありがとうございます。当日ということもあり、それぞれに祈りの形や過ごし方があるだろうと思っておりましたので、予想を上回る多くの方々にご来場いただけましたこと、メンバー一同本当に驚き、そして感謝申し上げております。同日の模様はまた追って写真を交えながらご報告させていただきますが、取り急ぎ、売り上げおよび寄付のご報告をさせていただきます。

■Pray from KUMAMOTO義援金バッジ 197個 98,500円
■ご来場者さま寄付 500円
■ji-uさま寄付    5,078円
■泉田真理さま寄付 10,000円
■平山商店さま寄付 500円
■加藤笑平さま寄付 1,000円

皆様、本当にありがとうございます。こちらのお金は、大切にお預かりし、被災者支援団体などを通じて東日本大震災で被災なさった方々のもとへお届けさせていただきます。


Pray from KUMAMOTO実行委員一同

2012年3月10日土曜日

ji-uさんより、ジャムやシロップなどが登場/311イベントのお知らせ

明日のイベント、マーケット部門のお知らせです。

山鹿にある「いつものごはんji-u」さんより登場するのは、じんわりしみるおいしい食べ物。

しょうがシロップ、ジャム、佃煮、ラー油など、毎日のごはんをおいしくさせる食卓のプラスワンアイテムを販売いただけます。また、同店自慢のジンジャーシロップを使ったホットジンジャーを、有料試飲で。あなたのご厚意で料金をいただき、その売り上げをPFKを通じた義援金として寄付いただけるそうです。加えて、売り上げの一部を寄付するチャリティジャムも登場予定。ji-uさんファンの皆様、そしてまだji-uさんの魅力を体感したことがないという皆様、この機会に是非ともご来場ください。


3.11のこの日、祈り・鎮魂・そして、未来の生活への一歩をともに踏み出しましょう。


「3.11 東日本大震災復興支援チャリティイベント
Pray from KUMAMOTO ~祈り・そして、未来の生活へ~」


2012年3月11日(日)
時間/11時〜19時(予定)
場所/長崎書店3階リトルスターホール

『それぞれの「3・11」』




明日、3月11日。

熊本から。静かに熱い想いを、祈りを、捧げます。



【熊本日日新聞(社会面)3月10日付】





「3.11 東日本大震災復興支援チャリティイベント
Pray from KUMAMOTO ~祈り・そして、未来の生活へ~」

2012年3月11日(日)
時間/11時〜19時
場所/長崎書店3階リトルスターホール

その他、パフォーマンスやライブ、マーケット部門でご出店いただく皆様の顔ぶれなど、詳しくはコチラをクリックしてご覧ください → ◎



staff 志娥慶香

2012年3月8日木曜日

イラストレーター村井健太郎さんのバッジ/311のお知らせ

311に併せて、個数限定で販売させていただくpfkバッジのご紹介です。はらだゆうこさんのお地蔵様モチーフ、加藤笑平さんの生命や熱さなどをモチーフにしたバッジに加え、もうひとつ今回ご協力いただいたのが、イラストレーターの村井健太郎さんによるもの。

今回、1つ1つ手描きのイラストを書き起こしていただき、このようなバッジにしあがりました。1つずつ、お月様や家の雰囲気、などなどが微妙に違うんです。これは並べて見ているだけでもなんだかじんわり、染み渡るような深いイラスト。
長崎書店リトルスターホール(3F)の会場では、いずれも1個500円で販売させていただき、その収益金を被災者支援団体へとつなげていきます。皆様ご協力をよろしくお願いします。

3月11日(日)
11時〜19時
長崎書店3階リトルスターホール
※入場無料

そのほか、パフォーマンスやマーケットなどもございます。



PFK 木下真弓
311イベントまであと3日。

これまでの賑々しいイベントとは少し趣を変えて
熱い人が集い、
祈りや鎮魂の思いを寄せ合い、
そして未来への生活に想いを馳せる

という趣旨で行う今回のイベント。

昨年のこの日、あの大地震が訪れた14時46分には
会場全員で黙祷を捧げたいと思います。

オーガニックな素材を使って作られた
ステキなキャンドルの明かりとともに。。。

今回ご協力いただく「mezamenotabi」さんからは、
この日、点灯用のキャンドルに加え、

ご自宅でその灯りを慈しんでいただけるよう、
販売用キャンドルも特別に少しだけご用意いただくことになりました。



数に限りはありますが、
とても味わい深いキャンドルです。

是非、ご来場ください。


http://mezamenotabi.ocnk.net/

pfk 木下真弓

2012年3月7日水曜日

KAB熊本朝日放送におじゃましました。

KAB 熊本朝日放送

PFKフタッフ泉田さん、KABロビーで急ピッチで準備中!

今日は、PFKスタッフの泉田さんと志娥で、KAB熊本朝日放送におじゃましました。
3月11日(日)のチャリティイベントの告知をさせていただくためです。
30秒という短い時間枠ですが、PFKスタッフ木下さんが書いた原稿を、泉田さんがフリップボード用にデザイン&制作し、志娥がそのフリップボードを持って原稿をしゃべる、という連携プレイでした。



放送は3月9日(金)午後5時36分からのKAB「ふるさと情報局」コーナーです。
KABの内藤さま、大変お世話になりました。KABスタッフのみなさま、どうもありがとうございました!


staff 志娥慶香

2012年3月6日火曜日

美術家 加藤笑平さんの義援金バッジ/311のご紹介

3.11まであと5日。長崎書店リトルスターホールのイベント会場では、今回も入場無料ながら、義援金バッジを販売させていただきます。従来のPFKロゴマーク入りバッジに加え、今回は311、そして明日をイメージした3人のデザインによる個数限定バッジも登場いたします。

先日のブログでは、絵本作家のはらだゆうこさんによるバッジをご紹介しましたが、今日は美術家の加藤笑平さんのドローイングをモチーフにしたもバッジのご紹介です。
美術家の加藤笑平さんは天草在郷美術館主宰。今回のイベントでもパフォーマンスと物販でご協力いただきます。そんな加藤さんからドローイングについて1つ1つの想いをいただきました。

加藤笑平さん



『今回は、鎮魂と未来の生きかたが軸にあるということで、色料の三原色をベースに

青:生命の源である海、五行で言う木、清清しさ、希望
赤:情熱、命の躍動感、大地の熱、五行で言う火、念
黄:優しさ、生き物の誕生、温かみ、五行で言う土、明るさ、陽、魂、気
(黒:五行の水 白:五行の金)
してみました。そして、僕の中にあるものと言うよりも、僕を通して表出した(漏れ出した)その瞬間の“絵”だと思っていただけるとありがたいです。

多くの人がまだまだ難しい局面におられるなか、僕たちは今一日一日を精一杯生き、楽しみ、良い高い意識を繋げていく、地球と生きる一つの生命体として、そういう気概でやって生きたいと思います。
この些細な行為が誰かの“気”を豊かに導くことを心から願い、3.11のパフォーマンスとこれからの生命活動により一層気合を入れて生きたいと思います。

よろしくお願いいたします。    加藤笑平』




「3.11 東日本大震災復興支援チャリティイベント
Pray from KUMAMOTO ~祈り・そして、未来の生活へ~」

2012年3月11日(日)
時間/11時〜19時
場所/長崎書店3階リトルスターホール

その他、パフォーマンスやライブ、マーケット部門でご出店いただく皆様の顔ぶれなど、詳しくはコチラをクリックしてご覧ください →



staff 志娥慶香

2012年3月3日土曜日

絵本作家はらだゆうこさんの義援金バッジ/311のご紹介

3.11まであと8日。長崎書店リトルスターホールのイベント会場では、今回も入場無料ながら、義援金バッジを販売させていただきます。従来のPFKロゴマーク入りバッジに加え、今回は311、そして明日をイメージした個数限定バッジも登場いたします。

そのうち1つが、絵本作家のはらだゆうこさんのイラストをモチーフにしたものです。柔和な笑顔で寄り添うお地蔵さん。親子でしょうか。やさしい雰囲気に思わずこちらも笑顔になってしまうから不思議です。

「イライラライオン」などのイラストを手がけていらっしゃるはらださん。本名は平山優子さんで、マーケット部門にご協力いただく「平山商店」の奥様でもあります。 熊本県内にお住まいの方で熊本日日新聞朝刊をご購読の方には、今朝、「あれんじ」というフリーペーパーが折り込みされていたと思います。今回の巻頭特集は「水上村」だったのですが、そこにこの平山さんご夫妻についてのご紹介もされていますので、よろしければご覧ください。



pfkスタッフ 木下